LCCが子連れ旅行には不向きなワケ

こんばんは。
JALマイラー歴19年。
旅とJALが大好きなコッチです。

海外旅行で渡航人数が多くなると頭を悩ます旅費💦

なぜなら国際線は生まれたての赤ちゃんだろうが
飛行機代が発生してくるから!

そんな時に少しでも安く行きたい!となると
LCCが第一候補になりますよね。

ピンクの機体で有名なPeachは
「空飛ぶ電車」と謳うほど低賃金で乗れるのがLCC✈

LCCのメリット

・航空券が安い

 LCCの最大の魅力。
 大手航空会社より2割〜5割程度安い。

・片道のみでも安く済む
 大手航空会社は往復での購入が前提のため、片道だと高額に。
 行き帰りで違う航空会社で移動したり、周遊するなど柔軟な旅行ができる。

⭐︎ コッチの見解

LCCは旅慣れした人・チャレンジ精神旺盛・臨機応変に対応ができる人にはおすすめするが、
小さい子ども連れの旅行にはお勧めしない理由はデメリットにあり

LCCのデメリット

・サービスがほとんどが有料
 大手航空会社で無料サービス(飲み物・機内食・ブランケット・映画など)ほとんど有料。 
 特に、事前座席指定に料金が発生すると子供と隣同士に座れない可能性も泣

・荷物の無料重量が少ない
 無料で預けれる重量が平均7キロと大手の3分の1。
 重量オーバーにはとても厳しく、超過料金は高い。

・早朝・深夜便が多い
 空港まで近い・朝から晩まで遊びたい人には良いが、遠方の方は空港近くで前泊が必要になったり。
 子連れ海外には子供の生活リズムに合わせた出発時間は重要。

・遅延や機材繰りで予定通りに行かないこともある
 1機材でピストン運行している会社がほとんどのため、どこかで遅延が発生するとすぐ遅延
 整備不良でも、代替機材がすぐ用意できないので絶対にこの日に出発しないと行けない!
 ビジネスマンには向きません。

・ターミナルが簡素で寂しい
 関西空港のようにLCC専用ターミナルが各地で建設中。単なるプレハブのような建物に驚く。

・地方空港への就航先が多い
 日本で表すと、羽田や伊丹といった主要都市でなく、関西・成田といった都市部から離れた空港に就航していることが多い。
 結果、都市部への移動で時間とお金が必要になる場合が多い。

・子ども運賃が早くから必要になる
 国内線大手航空会社は3歳未満は無料ですが、LCC各社は2歳未満から有料。

とにかく安く行きたい!
快適さや、遅延のリスクがあっても許容できる!
そんな人にはLCCはぴったり。

反面、子連れ海外旅行でLCCを選択するのは
旅慣れた方には良いですが、
就航先・運行時刻・荷物の多さを考えると
大手航空会社と総額では大差がないことも案外あります。

荷物の重量オーバーは本当に超過すると高くつきますよ!

LCC=絶対安い!
半分正解で半分間違い。

旅費とは飛行機代だけではないですよね。
総額で見ると大手航空会社にしておいたほうが
安心・サービスそして何より乗り慣れているし、
子連れ旅行の大変さも半減するのではないかとコッチは思います😃

コッチ夫がLCCに乗って友人と沖縄へ行った時、
「LCCは塩対応やったわ」と(笑)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする